解決事例

事例12相続人以外の方(被相続人と養子縁組手続きを行っていないものの、実の息子と同様に生活してきた被相続人の夫の連れ子)からの相談をきっかけに遺産整理を行った事例

  • 担当弁護士埋田 昇平
  • 事務所福岡事務所

ご相談内容

ご相談内容

依頼主
相続人:Lさん(男性)

Lさんの父は、Lさんが高校生のときにAさんと再婚しました。LさんもAさんを自分の母親として受け入れ、Lさんのお父さんが亡くなった後もLさんとAさんは親子として交流を続けていました。
その後、Aさん(被相続人)が亡くなったため、Lさんは、Aさんの相続人(息子)として相続手続をしようとしましたが、実は、LさんとAさんは養子縁組をしておらず、法律上の親子と認められないため相続手続が行えませんでした。
一方、Aさんの相続人は、Aさんの兄弟姉妹とその子の3名でしたが、いずれもAさんとは疎遠で相続手続に協力していただくことは難しそうでした。
そのため、Lさんは、どうしていいか分からず当事務所にご相談に来られました。

弁護士の活動

弁護士の活動

Lさんによれば、Aさんの遺産は預貯金とのことでしたが、上記のとおり、Lさんは相続人ではないため、相続人として解約・名義変更の手続を進めるためにはAさんの法定相続人から依頼を受ける必要がありました。
そこで、当事務所は、Lさんを介してAさんの相続人3人と連絡を取り、当事務所が相続人3名の代理人として相続手続を行うことにしました。
なお、LさんとAさんの相続人3名との関係は悪くはありませんでしたが、弁護士が金融機関の手続を行うということで、相続人からも安心して手続を任せていただくことができました。

解決結果

解決結果

当事務所で遺産分割協議書を作成し、金融機関所定の書類に相続人全員の署名押印をいただくことで、預金の解約と相続人への分配手続を行うことができました。

弁護士のコメント

弁護士のコメント

今回のケースのように、被相続人の最も身近な方が必ず相続人であるわけではありませんし、相続人が被相続人と疎遠だと相続の手続をとることが億劫に感じられるかもしれません。
相続の手続は必要とされる書類も多く手続も煩雑ですので、相続人間の連携がうまくいかないと意外とストレスを感じるものです。
相続に関して特に揉め事がない場合でも、相続人自ら手続を行うのが難しい場合には、弁護士に依頼することも検討してみてください。

文責:弁護士 埋田 昇平

解決事例一覧へ

対応地域

福岡事務所

福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、古賀市、糸島市、那珂川市、糟屋郡(宇美町・篠栗町・志免町・須恵町・新宮町・久山町・粕屋町)、宗像市・福津市

久留米事務所

久留米市、小郡市、三井郡(大刀洗町)、八女市、筑後市、八女郡(広川町)、三瀦郡(大木町)、鳥栖市、みやき町

朝倉事務所

朝倉市、朝倉郡(筑前町・東峰村)、うきは市、嘉麻市、嘉穂郡(桂川町)、日田市

大牟田事務所

大牟田市、みやま市、柳川市、大川市、荒尾市、南関町、玉名市

長崎事務所

長野市、西海市、西彼杵郡(長与町 時津町)、大村市、他 長崎全域